すっぴんトーク~MACAふしぎ~

日々の「?」や「!」に、 大阪モードで 「なんでやねん!」「そうなんや!」と、擬音語つかって一句啓上。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【清原の引退】

18歳でプロ入りして23年。41歳やったんやね。
それにしては、あごひげが白すぎるような・・・
プロ選手としての、計り知れぬプレッシャーの仕業???

引退セレモニーは、野球に詳しくなくても、興味を惹かれる華やかさ。
スポーツニュースで流れた引退の挨拶を聞いて感じたのは、
大阪の、と言うより河内のごんたくれと言ったほうがピッタリの、
コテコテで強面なイメージとは裏腹の「律儀さ」。

試合前にサプライズで花束を渡してくれた、王監督への感謝にはじまり、
23年間に渡り歩いた3つの球団、西武、巨人、オリックスと、それぞれのファンへの感謝、
今は亡き仰木監督への感謝、
急遽かけつけたイチロー、阪神の金本選手への感謝・・・

その日あったことを逐一書き連ねる子供の日記にも似た不器用さというか、
つたないというか、演出のないストレートな話しぶりと、
怪物と称された大きな体と、浅黒く日焼けしたいかつい顔には不釣合いな
ちょっと高めの声に、
ひょっとして、この「律儀さ」も「青年っぽさ」も彼に近しい人には大きな魅力だったのかもと
思ってしまったわ。

長い人生ではまだ折り返し地点やろうけど、
やっぱし、ひとまず、「お疲れ様」やよね。

ズキリ耐え 最後の力走 胸にじーん」 (MA)

ランキングに参加中!一押しお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。